1. 発表本番で早口になるのを抑える方法

発表本番で早口になるのを抑える方法

by odysseygate
 人前で発表するなど緊張してしまう場面では、どうしても早口になりがちです。練習では、上手く話せていてもいざ大勢の人を目の前にすると緊張して上手く話せないという人が多くいます。全く緊張しないという人はいませんが、緊張しても早口にならず普段通り話せている人は、どのようなことをしているのでしょうか。

ジェスチャーを使う

 発表で話すだけに集中してしまうと余計早口になってしまいます。ゆっくり話せる人たちは、ジェスチャーを効果的に使っています。体の一部を使うことで口を動かすこと以外にも集中するので落ち着いて話すことができます。ステージの上を歩きながら話すというのも効果的でしょう。

一単語ずつ一息を置く

 本番で早口になってしまい悩んでいる人は、少し大げさにひと呼吸置く必要があります。
「本日の発表では(一息置く)
「弊社新製品についての機能を(一息置く)
「ご紹介いたします。」

 これくらいがちょうど良いくらいです。少し大げさと思うかもしれませんが、早口になっている人は、自分が予想している以上に早口になってしまっているので気持ち多めに一息置くとちょうど良いでしょう。


 以上の対処法は、本番でいきなり出来ることではないので、練習のうちから意識して行いましょう。たったこれだけを変えることで伝わりやすさが大きく変わって来ます。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する