1. 新規取引をお願いするメールを送る時に営業マンが気をつけるべきこと

新規取引をお願いするメールを送る時に営業マンが気をつけるべきこと

by Ed Yourdon
 新規営業の際にメールを使うという人もいるのではないでしょうか。メールは簡単に送れる分、相手に興味を持ってもらうには工夫が必要です。今回は新規取引をお願いする時にメールを書く時のポイントをご紹介します。

タイトルに【新規取引のお願い】と入れる

 メールではタイトルがとても重要になります。いろいろなところからメールが来るような人は、タイトルを見て自分に必要なかどうかを判断してしまうからです。
新規取引をしてもらいたいということがメールの目的だとしたら、そのことを明記するようにしましょう。お互いに時間を効率的に使うためにも大切です。

必要なことを簡潔に

 新規取引をお願いしたい時には、普段のメールよりも簡潔さを意識する必要があります。相手からすればそのようなメールが来ることは想定外のはず。回りくどい書き方や曖昧な表現をすると相手は理解できずにそのメールを消してしまいます。どのような内容なのか、一番伝えたいことは何なのかきちんと考えた上で文章を作るようにしましょう。

見やすさも気をつける

 箇条書きや段落分けを活用して、視覚的にも見やすいメールを作ることを目指しましょう。また、適度に改行することも必要です。メールを書く上で明確なルールはありませんが、ビジネスでメールを送信する際には一行当たり全角で30字前後が適切だと言われています。横に長くなりすぎないようにしましょう。

難しい内容に関してはファイルを添付する

 メールはいかに相手にとって見やすいかが重要です。そのため、メールの本文に書く時には簡潔な言葉を使うようにしましょう。商品の説明などどうしても難しい説明をしなければいけないときには、添付ファイルなどを活用するようにしましょう。

 新規顧客に取引をお願いする時のメールにはいつも以上に相手の読みやすさを優先した構成にする必要があります。ぜひ参考にしてみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する