1. この敬語の違いは? 「承知しました」「了解しました」「了承しました」「かしこまりました」

この敬語の違いは? 「承知しました」「了解しました」「了承しました」「かしこまりました」

この敬語の違いは? 「承知しました」「了解しました」「了承しました」「かしこまりました」 1番目の画像

 ビジネスシーンで「分かりました」という意味合いで使われる言葉に、「承知しました」「了解しました」「了承しました」「かしこまりました」がある。 

 ここでは、ビジネスシーンにおけるそれぞれの使い分けについて解説していく。

これでビジネス敬語はばっちり! 「了解」「承知」「了承」「かしこまりました」の違い

1.目上の人に使うべきではない敬語「了解しました」

 よく使いがちな「了解しました」は、同僚もしくは目下に対して使う言葉だ。

 「了解」という言葉のそもそもの意味は、「事情を思いやって納得すること」「理解すること」「のみこむこと」だ。

 「了解しました」という言葉は、「了解」に「しました」をつけることで丁寧語になるが、謙譲語ではないため、取引先や目上の上司に対して使うのは失礼にあたるとされる。

 丁寧語の「了解しました」が使うべきではないとされるため、「了解」や「了解です」はもちろん使用を避けるべきである。 

2.ビジネス研修で推奨される敬語「承知しました」

 「了解しました」に代わりビジネスシーンで推奨されているのは「承知しました」という言葉

 「承知」という言葉の意味は、「事情などを知ること、また、知っていること」「わかっていること、承諾すること」である。

 「無理を承知でお願いする」「君の言うことなど百も承知だ」「事の経緯を承知しておきたい」などと使う。

 「承知しました」は謙譲語であるため、取引先や目上の上司に対して使うのに適切であると言える。

 ビジネスシーンにおいて使う頻度が多いため、何か依頼を受けたり、コミュニケーションの中で「相手の話を理解した」ということを伝えたいときに自然と「承知しました」という言葉が出るのが望ましい。

 上記で示した理由から、ビジネスマナー研修では、「了解ではなく承知しましたを使うように」と指導されることが一般的になっている。

 なお、「承知いたしました」という言葉でが適切であると述べたが、「承知しました」で代用しても問題はない。

 よって、「了解しました」ではなく、「承知いたしました」「承知しました」が適切であるということを憶えておこう。

3.丁寧そうだが、目上に使うべきではない「了承しました」

 「了承しました」は、何かを「承諾」したときに使う言葉だ。意味としては、「相手の申し出や事情などを納得して承知すること」である。

 「了承しました」は「それでいいですよ」という意味合いになるため、目上の人が部下などに対して使うのが適切であると言える。

 そのため、お客様や目上の人、また上司などに対して使う言葉としては不適切だ。

 この場合、お客様へは「承りました」を使い、目上の人や上司に対しては、「承知しました」を使うのが適切な対応である。

4.「承知しました」より丁寧な「かしこまりました」

「かしこまりました」は、「承知しました」と同様、お客様や目上の人、上司などに対して使うことが適切とされる言葉だ。

 先述の「承知しました」は、相手から受けた情報を理解して受けるといった意味合いで使用されるが、「かしこまりました」はお客様や目上の人、上司からの依頼や命令などを承る意味合いで使われる。

 これら2つの言葉は似たような意味だが、相手によって使い分けが生じてくるのだ。

 まとめると、ビジネスシーンでの活用に適しているのは「かしこまりました」と「承知しました(承りました)」である。

 上記のように、「かしこまりました」「承知しました(承りました)」は、お客様や目上の人、上司に対して使える言葉となる。

 この2つはビジネスシーンにおいて非常によく使われるため、覚えておこう。

「承知しました(承りました)」、また「かしこまりました」の使用例

「了解しました」と「承知しました」の違いがわかる使用例

×:打ち合わせの件、了解しました。
○:打ち合わせの件、承知しました。

「了解しました」と「かしこまりました」の違いがわかる使用例

×:(上司に対して)鈴木様(お客様)への連絡の件、了解しました
○:(上司に対して)鈴木様(お客様)への連絡の件、かしこまりました

「了承しました」と「承りました」の違いがわかる使用例

×:(お客様に対して)ご依頼いただきました○○の件、了承いたしました。
○:(お客様に対して)ご依頼いただきました○○の件、承りました。

 「承知しました」「かしこまりました」「承りました」については、例文にある通り「相手」を基準にして考えると使い分けがしやすくなる。

再確認! 「かしこまりました」と「承知しました(承りました)」の違い

  • 承知しました:「理解して受ける」という意味
  • かしこまりました:「目上の人の命令を承る」という意味

 普段使用する言葉としては、「かしこまりました」「承知しました」の2つの違いを覚えておけば、ビジネスシーンでの使い分けとしては問題ないだろう。


 社会人になり、まず初めに身につけなければいけないマナーである「ビジネスシーンにおける正しい敬語・言葉遣い」。

 しかし、日本語の敬語は複雑で難しいものだ。ビジネス面での正しい言葉遣いをしっかりと身に付けるためにも、普段から常に意識していくことが大切である。

 本記事を参考にして「了解しました」「承知しました」「了承しました」「かしこまりました」の違いを理解し、正しい言葉遣い、適切なビジネスマナーを備えたビジネスパーソンを目指そう。

キャリアアップ特集

・【海外勤務】挑戦するなら、今しかない
「海外で活躍するチャンス」がここにある。あなたの経歴や志向から、ぴったりの海外勤務求人をご提案。(ビズリーチ)

・正直、大手に行きたい
「定年までこの職場で働くのか…」給与、仕事内容、将来性、労働条件etc... 不満はあるけど諦めていた方にもぴったりの求人をお届けします。(ビズリーチ)

Sponsored by 株式会社ビズリーチ

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する