1. 良い人間関係を築く!飲み会の翌日にお礼メールを送る際のマナー

良い人間関係を築く!飲み会の翌日にお礼メールを送る際のマナー


 上司との良好な関係を築くための方法に、飲み会があります。飲み会ではお互いのプライベートな部分を晒す事で、より交流が深まるということもあるでしょう。また、ビジネス上では見られない性格上の発見もでき、信仰が深まるかもしれません。しかし、飲み会が終わったからと言って、それだけでは関係は終わりません。飲み会の後にはお礼のメールを送るだけで、更に良い関係を築いていけます。しかし、お礼のメールとは一体どのようなものがよいのでしょうか。マナーや文面などについて説明しようと思います。

お礼のメールを送る際のマナー

 お礼のメールを送る際には、遅くても24時間以内に送ることが適切とされます。数日たってから送るのも悪くはないですが、日にちがあいていると、どれだけありがたいのか、気持ちが伝わり辛かったり、上司が飲み会のことを忘れている可能性もあります。また、お礼の言葉は『ありがとうございます』という言葉が一番ストレートで、相手に伝わりやすいため、お勧めです。文面については、自分のオリジナリティのある文章だと好ましいです。

 例えば、その飲み会において、何がおいしかったのか、具体的に味などの感想も付け加えることがお勧めです。あるいは、『すっかりごちそうになってしまい』や『思いがけずおいしい料理を』などの文面を付け加えることもよいでしょう。また、メールの最後には、『今後もご指導よろしくお願いします』と言った言葉を添えたり、『○○さんのおかげで成長することができました』などの日ごろの仕事面での感謝を伝えることも重要です。

払ったお金の金額に差がある場合のマナー

 傾斜配分で多く支払ってくれた上司がいる場合、支払額に差があるのであれば、そのことについても一言触れることが礼儀です。ただ、金額ばかりに感謝してしまうことは控えましょう。金額ではなく、相手の厚意に敬意を払ったメールの文面であることが大切です。

 また、幹事を引き受けてくれた人である場合には、そのことについてもお礼をすることは忘れてはなりません。幹事を引き受けてくれた人にメールを送る場合には、相手をねぎらうようにお礼を言うことが適切になります。飲み会の後には、一言上司にお礼の言葉を伝えるだけで、より良好な関係性を築き上げることができます。これからもお世話になる上司だからこそ、丁寧にお礼の言葉を伝えるということは必須になってくることでしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する