1. 優秀な部下が退職したいと願い出たときの対応方法

優秀な部下が退職したいと願い出たときの対応方法

 会社にとって、やはり人材は優秀であることにこしたことはありません。ですが、もし部下から退職したいと言われた場合には、どのように対応すればよいのでしょうか。対応の方法についてお話します。

その人材を手放したくない場合

 優秀な人材であれば、その人を手放したくないという思いが生まれることが会社にとっての実情だと思います。そのような場合、部下を引きとめる方法を紹介します。部下が仕事上に不満があるため、退職したいと言われたのであれば、その不満を解消してあげることが重要になります。例えば、賃金が安い、労働時間が長い、などということです。

 もし、その優秀な部下がそれらに不満をかかえ、他に魅力的な仕事を見つけたがために退職することにした場合には、その人に見合うだけの賃金や労働時間にかえることが必要です。相手の納得いく待遇になれば、相手も退職を考え直すこともあるでしょう。

 また、お金や労働時間だけで問題が解決すればいいですが、相手はもしかすると今の仕事に飽きてしまい、魅力を感じなくなったり、ステップアップができなくなってしまったため退職を考えているのかもしれません。その際には、部下に別の部署についてもらったり、新しい仕事に取り組ませることが重要になります。また、上司との人間関係でやめていくことも考えられます。そのような時には、上司の態度を改める必要があります。

相手を尊重し、応援してあげる

 その他の理由での退職他にも、相手はもっと積極的な気持ちで仕事を退職するという可能性もあります。例えばどうしても子供の頃からの夢である職業に付きたいがための退職等です。そのような場合には、相手のことを考慮して、相手の夢を応援してあげるのがやはりその人のためでもあると思います。いくら自分の会社がその人材が必要だからといって、相手を拘束してはいけません。その場合は、相手の積極的な気持ちを酌んでやり、しっかりと応援してあげましょう。

 もし優秀な人材が減ってしまったのだとすれば、こちらも人材教育を前向きに行えばいいだけの事です。無理に引きとめることはやめ、優秀な人材を手に入れるにはどのように育てるべきかを研究しましょう。あるいは、相手が年をとって働けない故の退職、病気など、健康上の問題に関する退職の場合にも相手の体のことを第一に気遣い、退職を受け入れることが必要になります。もし、ここで退職を引きとめてしまえば、それは会社重視で、個人を尊重しない会社ということになります。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する