1. 年上の部下と良好な関係を築いていくための上手な付き合い方

年上の部下と良好な関係を築いていくための上手な付き合い方

 現在日本でも年功序列から実力主義になった企業が増えてきています。その為に実力があればどんどん地位を築いていく事が出来るようになった一方で、上手く出世ができずにいる年上の部下というのも増えてきています。

 しかし部下という立場であっても同じ職場で働く仲間でもあるので、年上であっても良好な関係を築く必要があります。ここでは年上の部下との上手く付き合い方について書いていこうと思います。

言葉で敬意を示す

 敬意を持って接する部下であっても年上であるので人生の先輩でもあります。年上の部下というのは誰でも出来ればなりたくないものですので、扱いに注意する必要があります。この扱いによってはこの人の仕事へのやる気などにも影響が出てくることもありますので気をつけましょう。その為に立場には違いがありますが敬意を持って接する事が重要になります。

 そこで一番簡単に出来る方法は敬語を使う事であり、部下でありながらも先輩という形を取っておく事によりプライドを傷付けずに人間関係を良好なものにする事ができます。敬語というのは学生の頃先輩相手に良く使っていた人も多く、抵抗なくする事ができますので、実践は難しい事ではないと思います。特にビジネスにおいてはある程度上からいかなければならない部分もありますが、付き合い方を上手くするの為に、仕事が終わった後には対応を変えるというのも有効になります。態度で示すというのは難しいものでありますが、敬語はある程度相手に経緯を示す事が出来ます。この少しの事で相手のプライドを刺激する事を少なくする事ができますので、実践してみると良いと思います。

上手な叱り方

 接し方に違いを持たせるやはりプライドというのは誰にでもあります。年上という事で多くの場合には在籍期間も長い為に、より仕事に関して精通している事もありますので、付き合い方にも注意する事が多いです。経験もある中で上司であっても年下の人間にとやかく言われるのは気に障る事と感じる人も多いですので、少し接し方を変える必要があります。

 褒める場合でも年下の部下のように良くやったというような褒め方ではなく、頼んで良かったですというような信頼を持っているような接し方にする事でも感じ方に違いが出てきます。そして難しいのは、叱り方です。怒る事によって年上の部下の場合には良好な一気に関係が崩れてしまう事があるので注意する必要があります。仕事においてミスをした事を伝えなければならないのですが、叱り方は一方的に言うのではなく、まずは相手の状況や言い分などをしっかりと聞く事から始めていきます。そしてそれをしっかりと聞いた上で相手の気に障る事のないような言動で言いたい事を伝える事です。どちらかと言えば叱るではなく、相談という形にする事で相手にも嫌な思いをさせる事なく済ます事ができます。


 付き合い方で重要なのは褒めると叱るの両面を上手くする事ができれば、人間関係を良好にする事は難しいことではないのです。このように年上の部下を持った場合には、敬意を持って接する事が良好な人間関係を築くには重要です。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する