1. 的確にアドバイスする!年上の部下を上手にマネジメントする方法

的確にアドバイスする!年上の部下を上手にマネジメントする方法

 年上の部下に対してマネジメントを行うというのは、非常にやりにくいものです。年上の方の中には、年下だからという理由だけで、上司であっても指図されるのが嫌いだという方もいるでしょう。

 また、自分が上司であるからというだけで、年上の方を見下しているということはありませんか?年上の部下との上手な付き合い方を紹介していこうと思います。

年上の部下との接し方

 部下と言っても相手は年上です。年長者には、基本的に相手がどんな人間であったとしても、丁寧に接するということが大切です。例え自分よりも能力が劣っていたとしても、相手には相手なりに人生で学んできたことが多数あるものです。

 また、仕事の面では劣っていたとしても、他の点で相手の方が勝っている場合もあります。部下だからという理由だけで、相手に礼儀を尽くさないということはないようにしましょう。また、相手も年長者だからと言って、上司に何をしてもいいという考えの人間である場合もあるでしょう。そんな人間の場合でも、礼儀を尽くすということに変わりはありません。

 そのような幼稚な人間に反抗的な態度を取ると、余計に話がこじれ、こちらまで悪者扱いされてしまいます。被害を避けるためにも、相手に寛大に、優しく接するということが大切になります。分からない部分は丁寧に教える、間違ったとしても相手を敬った上で注意する、その心がけが大切になります。

マネジメントの方法

 マネジメントの重要性一般的な接し方について学んだ後は、いよいよマネジメントの方法です。ここでは、上記で踏まえたことを前提に、マネジメントの面でも生かすことが必要です。ところで、マネジメントとは、一体どのようなものなのでしょうか。

 マネジメントとは、ビジネス上において、リスクや資産などを管理することを言います。ここでは、それが転じて、部下の管理ということになります。そのため、部下の困ったことには、丁寧に受け答えし、また、部下が誤った間違いを起こさないためにも、上司である自分がしっかりと責任をもち、部下の面倒を見るということが大切になります。

 現代でも、部下の管理ができなかったが故に様々な事件が起こり、結局最終的には上司が辞任する事態に追い込まれるということも珍しくありません。部下が年上であろうとも、部下が誤った行動に走ってしまった場合はすべて面倒が見着れなかった自分の責任になってしまうのです。そのためにも、部下ときちんと接することができ、的確にアドバイスするという行動は重要になってくるのです。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する