1. 「上司が異動してしまい寂しい…」という気持ちを忘れさせる方法

「上司が異動してしまい寂しい…」という気持ちを忘れさせる方法


 毎年年度末に行われる人事異動。人事異動では職員の配置や地位など、大幅に変わる場合があります。もしその時、お世話になった良い上司が異動してしまうと、寂しい思いをしてしまうこともあると思います。そんな寂しさを忘れさせる方法を紹介します。

上司の事を忘れる方法

 一つ目に挙げられることは、友達と沢山遊ぶということです。仕事上では上司が異動してしまって寂しいかもしれません。しかし、プライベートではそうではないと、自分に思い込ませることが重要になります。そのため、友達と沢山遊んで、『自分は一人じゃない』と自覚することが大切になります。次に、仕事をした上で得られることを妄想する、ということが挙げられます。友達と沢山遊んでも、仕事上で寂しいという思いが抜けない場合には、楽しいことを妄想することが重要になります。『この仕事が終わったら○○に旅行に行こう』『お金が溜まったら○○を買おう』など、目標を妄想することで、上司がいなくても、仕事に価値を見出すことができるようになります。

 他にも、プライベートの趣味に没頭するというのも寂しさを忘れさせる方法として効果的でしょう。異動した上司の事をわすれる方法として、お酒を沢山飲むと言う方法もあります。お酒を飲むと、寂しい気持ちが紛らわされるため、一時的には忘れるかもしれません。また、人によってはけじめをつけることも出来るでしょう。しかし、あまり飲みすぎると体に良くないため、お酒はほどほどにしておきましょう。

前向きな気持ちになる

 もう1つ、寂しさを忘れる方法として、前向きになることが挙げられます。上司が異動してしまったことは、新たな人間と出会えるチャンスだと思い、仕事に取り組む、という考え方です。また、上司が異動することで、自分が上司の位置に付く場合も考えられます。そのような場合には、自分が新たな地位で活躍するチャンスだと思い、どんどん新しいことに取り組んでいく、ということが寂しさを忘れる方法になります。

 また、この方法は自分の成長にとっても良い方法だとされるため、上の項目で挙げた方法よりもメリットが大きいです。どんなに素敵な上司が身近にいたとしても、いずれはその人とは別れなければならない時が来ます。もしかしたら明日にでも上司が転職してしまったり、仕事を辞めてしまう可能性も常にあります。今日がその時だと割りきって、上司を忘れて、新たな一歩を踏み出していくことも重要になります。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する