1. 営業職のリーダーに求められる基本的な役割とは

営業職のリーダーに求められる基本的な役割とは

by epSos.de
 どのような職種に置いてもリーダーという存在はいると思います。しかしリーダーとは一体どのような立場の人間なのでしょうか。改めて営業職におけるリーダーとしての役割をご紹介します。

部下のモチベーションをあげる

 リーダーがそれまでと変わるのは、部下がいるということ。そしてその部下をまとめるのもリーダーの役割の一つです。その中でも部下のモチベーションを上げるということはとても大切です。必要以上に厳しすぎても甘過ぎても部下のモチベーションの低下につながります。また、その基準も部下それぞれによって異なります。部下が成果を出すためにモチベーションを上げられる存在である必要があります。

 また、部下のモチベーションを下げずに成果を出させるために、PDCAのサイクルを回す仕組みづくりも欠かせません。部下と適切なコミュニケーションをとり、全体を把握することも大切なのです。

目標達成に対して責任を持つ

 リーダーになると、自分個人の目標だけではなく営業全体の目標達成に対して責任が生じます。自分の目標を達成した上で、全体の目標達成のためにも意識を配る必要があるのです。

 リーダーになると「自分だけ」という考えを捨てる必要があります。「自分の目標」と「営業全体の目標」両方が達成できなければ成果がないこととなってしまうからです。自分のことで精一杯になっていないかぜひ振り返ってみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する