1. 営業マンが訪問先でのトークを磨く時に意識してほしい3つのコト

営業マンが訪問先でのトークを磨く時に意識してほしい3つのコト

 営業マンについてまわるのがトーク術です。人との関係が基本となるため、その中でどのようにコミュニケーションを取るのかが重要になります。今回はトークを磨く時に意識したいことをご紹介します。

なるべく簡単な言葉を使う

 相手に何かを説明する時に大切なのが、できるだけ簡単な言葉を使うということです。難しい専門用語を並べられても相手は理解できません。理解してもらえなければその商品に興味を持ってもらうこともできないのです。できるだけ簡単な言葉、例えば小学生でも理解できるような説明を心がけましょう。難しい言葉は簡単な言葉に置き換え、どうしても難しい時には相手にとって身近な例に例えてあげるだけで相手の理解力を上げてあげることができます。

商品にキャッチフレーズをつける

 自分の商品にキャッチフレーズをつけることで、簡単に競合との差別化を図ることができます。自分の扱っている商品を一言で表すとどうなるのかを考えておくことも営業先でのトークを盛り上げるためには大切です。

お客様の愚痴に付き合う

 愚痴というのは聞いていて気持ちのいいものではないかもしれません。そのため、相手が愚痴を話し始めたら半紙半分で聞いている営業マンもいるのではないでしょうか。しかし、相手の愚痴にも興味を持って付き合うことで次のトークにつながることが多いのです。多くの場合、営業で訪問する先というのは同業界となるでしょう。ある会社である不満があるのなら、同じ業界の他の会社でも不満に思っていることが多いはずです。こういう不満があるだろうと予測できるため、トークもスムーズに進めることもできるのです。

 営業マンのトークを磨くコツはいろいろあると思います。その中でも今日から実践できそうなものをご紹介しました。ぜひ参考にしてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する