1. 営業マンが取引先でするトークを組み立てる時にチェックしておきたい3つのコツ

営業マンが取引先でするトークを組み立てる時にチェックしておきたい3つのコツ

 営業マンには相手に分かりやすく話を伝えるために、きちんとトークを組み立てる必要があります。今回はその時のコツをご紹介します。

1. 話したいことは前もってリストアップしておく

 何を話そうと思っているのか、相手に何を質問したいのかということは面会する前にリストアップするようにしましょう。相手と顔を合わせて初めて何を話すのかを考えるというのでは遅すぎます。きちんとしたトークの組み立てを目指すのであれば、話したいと思っていることを前もってリストアップしておくようにしましょう。

2. 結論から話す

 特に相手に何か説明する時には必ず結論から話すようにしましょう。最終的に何が言いたいのかを先に話しておくことで、相手にも話を聞く準備ができます。また、最初に結論を話すことで相手の興味を引くこともできます。

3. 5W1Hを意識する

 自分の会話の中で5W1H(What/Why/Which/Where/When/How)が何なのかを意識してトークを組み立てるようにしましょう。これは相手に何かを伝える時の基本的な構成になります。自分で何がどの要素に当てはまるのかを理解していなければきちんと相手に伝えることはできません。

 いかがでしょうか。トークの構成は相手に分かりやすく伝えるためにも非常に重要なポイントになります。ぜひ参考にしてみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する