1. 営業マンがメールで面会のアポイントを取る時に押さえておきたい3つのポイント

営業マンがメールで面会のアポイントを取る時に押さえておきたい3つのポイント

 営業で面会のアポイントをとることもあると思います。そのメールを送る時のポイントをまとめました。

候補日を提示する

 相手の予定を聞く時には、こちらから候補日を提示するようにしましょう。「何日がいいでしょうか」と聞かれても相手は返答に困ってしまいます。候補日をこちらから提示してあげることで相手は「この日はダメ、この日は大丈夫」と簡単に判断することができます。もしすべてダメだったらまた別の日程を提示するなど、相手が返信しやすいような配慮が必要です。

いつまでに返信が欲しいのか明記する

 相手にあわせることが大切とはいえ、きちんといつまでに返信が欲しいのかを書いておくようにしましょう。相手から返信が来るのをじっと待っていると、提示した日程には予定を入れられないため、効率もよくありません。

自分の署名を入れておく

 たとえ名刺を渡しているとしても、最後には書名を入れておくようにしましょう。そのメールを見てすぐに連絡を取りたいと思っても、名刺を探すのに手間がかかってしまいます。

 面会のアポイントをメールで取る時には、相手に対してちょっとした配慮をすることをおすすめします。ぜひ参考にしてみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する