1. ビジネスシーンでの留守電にかけ直すときのマナー

ビジネスシーンでの留守電にかけ直すときのマナー


「連絡をください」という留守電が入っていた場合

 「連絡をください」という留守電が入っていた場合ですが、この場合は、相手が緊急の都合でこちらに電話をかけている場合が多いです。もし連絡を催促するような留守電が入っていた場合は、すぐに折り返し電話をしましょう。

「またかけ直します」と留守電が入っていた場合

 またかけ直すと留守電が入っていた場合は普通かけ直さなくてもいいだろうと考えるかもしれませんが、この場合でも、留守電を聞いたらかけ直すようにしましょう。この場合は緊急性があまり高くない場合が多いため、別の用件がある場合は、その後に折り返し電話をする形で構わないでしょう。

折り返し電話をするときの挨拶

 折り返し電話をするときの挨拶としては、「先程お電話を頂いたのですが、出ることができませんでしたので折り返しお電話させていただきました」というような挨拶をするとスムーズに電話することができます。



 ここでは、留守電に折り返し電話をかけ直すときのマナーを紹介しました。どんな場合でも留守電が入っている場合はかけ直すことがマナーです。携帯電話やスマートフォンを仕事で持ち歩いてるという人は参考にしてみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する