1. プリジェクトを成功に導く!1つのチームが機能する為の最適な人数

プリジェクトを成功に導く!1つのチームが機能する為の最適な人数


 あるプロジェクトを立ち上げて、チームを作ろうとするとどうしてもどのぐらいの人数を確保すれば良いのかと言う疑問が出てきます。チームの人数が多いと仕事を全くしない方や仕事から溢れてしまう方が出てきます。かと言って少なすぎると仕事量が多すぎるのかチーム全体が疲弊してしまう恐れがございます。そこで今回、1つのチームが機能する為の最適な人数とはどのぐらいかを記述したいと思います。あくまでも私見ですので御了承いただければと思います。

1つのチームは最低でも5人を確保する

 1つのチームは最低でも5人の人数を確保することがお勧め致します。理由として5人いると何かあったときでも対応できるからです。例えば上司がプロジェクトの進行を確認して後の4人が仕事をしているとします。その内2人が中心的な役割をしている方で後の2人はそのサブとして機能しています。もし中心的に仕事を行っている方が体調を崩してしまってもサブの方が仕事を変わればすぐにでも仕事を再開できます。また例え1人抜けたとしても上司がそこでサポートをすれば作業効率を落とすことなく作業をできるようになります。ただしその場合は必ず上司も仕事の負担が増えますので、なるべくそのリスクも管理して置くようにスケジュールを立てておくようにしましょう。

 また、スケジュールも必ず余裕を持った日程にするようにしましょう。あまりにもチームのメンバーを酷使してしまうと人員が足りなくなってしまうと言う事態が発生しかねませんので、中心として進める方はスケジュールの管理を必ずするようにしましょう。

スケジュールによっては人員を確保するようにする

 先にスケジュールについて記述しましたが、スケジュールによっては人員を大量に取るか少量で良いかを考えるようにしましょう。例えばですが、納期が後1ヶ月しかないと言った場合に仕事が簡単であれば良いですが明らかに5人では無理な量ですと、戦線離脱する方が非常に多くなってきます。

 そのためそのような場合には必ず人員を確保するようにしましょう。その場合にもこの方を中心にしてこの人はサブ等役割分担を必ず行い、進行を止めないような管理も行うようにしていきましょう。また、納期もそこまで早くなく、仕事の量も多くないにも拘らずプロジェクトのメンバーを大量に採用することはございません。

 例えば新人を教育したいため、少しでも先輩の姿を見せたいと言った場合には話は別ですがそれ以外では他の方々にとって仕事の邪魔になりますので考えるようにしていきましょう。


 最後になりますが、1つのチームが機能する為の最適な人数とはプロジェクトによって最適な人員が異なってきます。そのため皆様がこれから行うと考えているプロジェクトを良く考慮したうえで、もしもこの人が休んだときにはこのようにする等のリスクを必ず管理し人員を配置するようにしていきましょう。そしてチームの中で役割を分担しておけば尚良いでしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する