1. 営業メールを送る時に確認しておきたいメールの書き方の基本

営業メールを送る時に確認しておきたいメールの書き方の基本

 営業マンの使うツールの一つがメールです。これを上手に活用することでより時間を上手に使うことができるでしょう。今回は取引先との信頼を作るためのメールの書き方をご紹介します。

件名で分かるように

 相手も忙しい中メールを処理しています。件名でそのメールに何が書いてあるのかが明確なものは相手にとっても時間の効率化につながります。そのメールは緊急性が高いものなのか、返信する必要はあるのかなどを件名に必ず書くようにしましょう。

結論から書き出す

 メールを少しでも相手に伝わりやすくするために、結論から書くようにしましょう。「結論→詳細」の順番で書くようにすると、相手の頭にも情報がはいりやすくなります。特にメールでは回りくどい言い回しは厳禁です。

一文は短く

 一文が長い文章は多くの場合相手に読みにくい印象を与えてしまいます。長くなりそうだったら適当なところで区切って新しい文章として書くようにしましょう。

二度確認する

 送信する前に必ず二度確認してから送るようにしましょう。誤字脱字や送り先のミス、名前の間違いなどは決してやってはいけないミスです。一度ではなく二度できれば小さく声に出して確認することを習慣つけましょう。

 営業マンに取ってメールはなくてはならないものです。上手に使って効率化を図れるように、上記の書き方を参考にしてみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する