1. 営業マンが相手に感謝を伝えるメールを書く時のポイント

営業マンが相手に感謝を伝えるメールを書く時のポイント

 営業マンは取引先に対して、感謝を伝えるメールを送ることもあるでしょう。今回はそんな時に気をつけてほしいメールの書き方をご紹介します。

感謝は自分の言葉で

 メールを送る目的である感謝の気持ちを書く時には、できるだけ自分の言葉で書くようにしましょう。取引先に対してあまりにくだけた言い方はふさわしくありませんが、格式張った文章では相手に感謝の気持ちが上手に伝わりません。

改めて会いにいくことを伝える

 お礼は基本的に対面で行うもの。メールでは取り急ぎという印象が強いです。そのため、メールでのお礼になってしまったことへの謝罪を伝え、改めてお礼に伺いにいくということを書くようにしましょう。

身体を案じる一言を添える

 相手の体調を案じるような言葉を入れることでメールの印象がグッとよくなります。それぞれの季節に応じた言葉をいくつか準備しておくといいと思います。

 メールのやり取りも自分がどういう人間かが見られるところです。相手によりよいイメージをつけられるように意識してみて下さい。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する