1. 発表のときに説得力のある口調とは?

発表のときに説得力のある口調とは?

 発表やプレゼンを行う際内容はもちろん重要ですが、口調も非常に重要です。口調の印象が悪いと内容が入って来ません。逆に説得力のある人は、丁寧な口調をしていて強く見せることが上手です。そのようにするためには、どのような口調で発表すべきなのでしょうか。

「です、ます」調で

 発表する際「である」調で発表する人がいますが、偉そうに聞こえてしまう可能性もあります。さらに、「である」調の場合ストーリーを上手く伝えられなくなってしまいます。ストーリーを語る場合「である」調だと非常に違和感があるはずです。印象を良くするためにも、上手く伝えるためにも「です、ます」調で発表しましょう。

語尾を上げない

 若者にありがちな、問いかけのような口調は発表向きではありません。プレゼンで使われている言い回しの中には、普段使わないようなものが多くあります。もちろん発表でも同じです。語尾を上げてしまうと説得力も失われてしまいます。一文はきちんと言い切る癖をつけましょう。


 口調も発表においては、非常に重要です。口調も第一印象に入るので良い印象を与えるためにも意識しておきましょう。このようなことに慣れていれば急に発表を頼まれた時も説得力のある発表が出来るはずです。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する