1. 営業マンがメールに対して回答をしてもらうためにできるちょっとした工夫

営業マンがメールに対して回答をしてもらうためにできるちょっとした工夫

 取引先にメールして、回答が欲しいと思ってもなかなか返ってこないという営業マンの方もいるのではないでしょうか。今回は、相手から回答をもらうためにできるちょっとした工夫をご紹介します。

タイトルに【要返信】をつける

 タイトルの時点で返信すべき内容だということを相手に伝えてあげることで、回答を得られる確率が上がります。本文中に返信すべきことが書かれていても、見落としてしまうこともあります。特に大事なメールに関しては必ずタイトルに明記するようにしましょう。

期限を提示する

 単に返信が欲しいということを書くのではなく、いつまでに返信すればいいのかを相手に提示するようにしましょう。相手も忙しい中メールを処理している可能性があるため、期限がないと後回しにされてそのまま忘れられてしまうことも。いつまでに返信が欲しいのかきちんと伝えるようにしましょう。

内容は簡潔に

 メールを読んでいて、相手に「結局自分は何を返信すればいいのか」という疑問が浮かんでしまうと返信はきません。内容はできるだけ簡潔にまとめるようにしましょう。どうしても複雑になってしまう時には、電話で補完するなどの配慮も必要です。

 上記のポイントは相手に返信を求める時だけでなく、円滑なやり取りをする上でも重要です。ぜひ意識してみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する