1. 営業マンがメールの確認作業を効率的に行うために押さえておきたいポイント

営業マンがメールの確認作業を効率的に行うために押さえておきたいポイント

 営業マンは、業務に関することだけではなく取引先とメールのやり取りをすることも多いと思います。このメールの処理で気づいたら時間がたっていた…ということもあるのではないでしょうか。今回は営業マンがメールを確認するおすすめの時間帯をご紹介します。

1日の回数を決める

 まずは1日に何回確認するのかをきちんと決めておきましょう。そうでないと惰性で何度もメールを見てしまい、時間を浪費することにつながってしまいます。1日に5回と決めたら、緊急ですぐに確認しなければいけないという連絡が入ったとき以外はその回数を守るようにします。

メール確認にかける時間を決める

 メールを確認する回数を決めても、それぞれの時間にダラダラと確認してしまっては意味がありません。メール確認にかける時間を決めて、その時間内にメールの確認、返信を行うようにしましょう。

おすすめは朝、移動中

 メールを確認する時間帯ですが、夜よりも朝に時間をとることをおすすめします。帰宅前にメールを確認しているとその分仕事が増えてしまうこともあります。鵜夜会社に残るよりも朝その分早く出社して確認するようにしましょう。また、外回りの多い営業マンには移動中をメール確認に使うのもいいのではないでしょうか。

 自分の業務に集中して行うために、その他で削れる部分は削りたいですよね。メール確認に費やす時間を少しでも減らして効率化を図れるようにしてみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する