1. 営業マンがメールを送る時に知っておきたい書き出しの言葉の選び方

営業マンがメールを送る時に知っておきたい書き出しの言葉の選び方

 取引先の人とメールでやり取りすることもあるでしょう。そのような時にきちんとした書き出しでメールを始めないと、最後まできちんと読んでくれないという可能性もあります。今回は取引先の人に対するメールの書き出しについてご紹介します。

まずは相手の所属と名前を

 突然本題に入ってしまうメールは相手に対して失礼に当たります。最初に相手の所属する会社名と名前を記載するようにしましょう。これは継続してメールをやり取りする際にもきちんと書く必要があります。

書き出しは相手との距離感で決まる

 書き出しを決める時には、相手とどれだけ会ったりしているかによって変わります。2、3日前に会った人と1ヶ月以上会っていない人では適切な書き出しは異なります。

あまり会っていない人に対して

 あまり対面して会うことがない人に対しては 「いつもお世話になっております」「貴社ますますご清栄のこととお喜び申し上げます」のように最もオーソドックスな書き出しで問題ありません。その他 「お変わりありませんか」のように相手の様子をうかがうような書き出しもいいと思います。

数日前に会った人に対して

 直近で会った人に対してはその時の感謝の気持ちを込めて 「先日はお付き合いいただきありがとうございました」のように書き出してはいかがでしょうか。相手に自分のことを思い出してもらうきっかけにもなります。

初めての人に対して

 初めてメールを送る相手に対しては、最初に「突然のメール失礼いたします」と、突然のメールを詫びる言葉を最初に入れましょう。その後になぜメールをしたのかを簡潔に伝える必要があります。また、誰かを通してメールアドレスを知った場合は、そのことも伝えるようにします。

 メールは気軽に送れるからこそどんな風に文章を構成するかが大切になります。まずは書き出しを意識する習慣をつけるようにしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する