1. ビジネスシーンの食事会でのスーツの着こなしのマナー

ビジネスシーンの食事会でのスーツの着こなしのマナー


 ビジネスシーンではパーティーやホテルでの食事会で、スーツで食事を取る機会も多いと思われます。 ところで食事の場面では、どのようなスーツを選ぶのがマナーとされるのでしょうか。 ここでは食事の際のスーツについてお話をしていこうと思います。

TPOによってスーツを変える

 仕事帰りに良く行くような居酒屋などでの食事の場合は、いつも着ているようなスーツで十分です。 そのような時には特に気にすることもなく、普段と同じようなスーツを着て行くのがいいとされます。

 しかし、入るお店によっては、いつものスーツではマナー違反になってしまう場合もあります。 例えば、パーティーなどの少し華やかな食事会の場合には、いつもの服装よりも少しカジュアルなパーティーファッションをすることがマナーです。
 
 いつもと同じ、ビジネスファッションでは、パーティーの場にふさわしくなく、堅苦しさを感じさせるからです。 また、パーティーの場にいるにも関わらず、その人はパーティーを楽しんでいないかのような風を感じさせる服装でもあるからです。 おめでたい場なのであれば、自分自身も楽しむためにも少しカジュアルダウンさせたスーツ姿で出席することがお勧めです。

カジュアルなスーツファッションとは

 カジュアルといっても、着崩しすぎたファッションはカジュアルとはいえません。 フランス料理店など、お店によっては、スーツをきちんと着用していなければ入れないようなお店もあります。 そのためにも、着こなしはきちんとする必要があります。

 スーツとしては、三つボタンより二つボタンの方が適していると言えるでしょう。 また、ネクタイもいつも仕事で用いているものよりは、幅広く用いることができるでしょう。 スーツ自体も、ブラックよりもグレーや、ネイビー、チャコールグレー等がお勧めです。 それらの色合いは、ブラックのスーツよりも明るい印象になるため、パーティーには向いていると言えます。 あまり派手でないこの程度の色合いであれば、適度に華やかさを演出することが可能になります。 また、さりげなくチェックやストライプが入ったものも、パーティーのシーンではおすすめできます。

  一方、女性であれば、少し華やかめなパーティーファッションも好ましいとされます。 また、ツーピースやスリーピースのお洋服などがおすすめです。 スリーピースの場合は、上着のボタンは留めても留めなくても良いとされますが、シングルボタンの場合は着席したら外すことがお勧めです。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する