1. 結論から理由までしっかり伝えられる話し方とは?

結論から理由までしっかり伝えられる話し方とは?

 人に説明する上で伝わらないと悩む人は多くいます。しかし、実際どのような改善をしたら良いか分からない人も多くいます。相手も何度も同じような情報を聞きたくないですし、理解出来ないと尚更嫌がります。そこで、一度でしっかり伝え、聞く事に集中させるためにはどのような話し方をすれば良いのでしょうか。

まず結論から

 いきなり結論から入ってしまうと、相手を混乱させてしまうと考える人もいますが、長々と前置きを話されるとなぜその話をしているのか分からなくなってしまいます。実際、上司に伝える場合、報告内容によっては理由を求めないものもあります。そんな時に理由ばかり話されても嫌に感じます。すっきりと伝えるためにも始めに結論を伝えインパクトを与えましょう。

理由を3つに絞る

 結論を伝えた後は、理由を説明すると思いますが、要点をまとめましょう。まず相手にいくつ理由があるのか説明する必要があります。そうすることで相手も話の終わりが見えます。そして、理由の数は多くても3つに絞りましょう。つまり、説明の方法として「私は○○だと思います。理由は3つあります。1つ目は、」という流れで伝えるとキレイに伝えられるでしょう。


 理由や結論の内容だけを伝えるのではなく、事前にその数を示し、ゴールを見せておきましょう。そうすることで話も長いと感じることはなく、スマートな話し方をする人だと思われます。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する