1. ビジネスの電話で名前を言う時、聞く時のマナー

ビジネスの電話で名前を言う時、聞く時のマナー



 ビジネスで電話をかける時の名乗り方や、相手の名前を聞き取れずに困った経験のある方は多いのではないでしょうか。ここでは、そのようなときに役に立つ、ビジネスの電話での名前を言う時や聞く時のマナーを紹介したいと思います。

電話で名前を言う時のマナー

 電話で名前を言う時は、かける側が先に名乗ります。電話をかけるときは、自分が先に名乗るように意識しましょう。

名前を言う時の言葉遣い

 名前を言う時の言葉遣いですが、「〇〇と申します」と名乗るのはやめましょう。「〇〇でございます」というような言葉遣いが正しい名前の言い方になります。

電話で名前を聞く時のマナー

 電話で相手の名前をうまく聞き取れなかった時や、相手が名乗らなかった時の名前の聞き方ですが、名前を聞くことで相手が失礼だと感じる場合もあります。正しい言葉遣いで問い合わせることが必要です。「失礼ですが、お名前をもう一度お伺いしてもよろしいでしょうか」という言葉遣いであれば、相手も冷静に対応してくれるでしょう。



 ここでは、電話で名前を言う時、聞く時のマナーを紹介しました。電話で名前を言う時、聞く時は正しい言葉遣いで聞くことが相手に失礼のない対応になります。マナーを守った電話応対を心がけましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する