1. 論点がブレにくいプレゼンの作成手順

論点がブレにくいプレゼンの作成手順


 プレゼンを作成するときに、どこから手を付けていいのかさっぱりわからないという人は初めてなら当然のことです。以前にもやったことがあるなら、前に使用したものの資料の内容を変えるなどで対応できるはずですが、初めてなら手順も分かりませんので全く身動きがとれなくなることは当たり前ですので、作成する手順についての基本的な手順を是非覚えるようにしてください。

テーマを決め、目次を作る

 まず初めに考えること、それはテーマです。まずはテーマを設定することから始めます。テーマを設定するにあたっては、説得する相手、目的、対象範囲や提案者の立場、そして何を伝えるのかなどを考慮しながら設定するのです。テーマが明確になれば、論点や主張がブレることもなく、資料の作成ができるはずです。テーマが決まったら、今度は目次の作成です。あくまでも目次です。具体的な資料を作成する必要はありません。例えばテーマの内容が「ペット」とすると、目次としては、ペットを飼うことのメリット、ペットの基準、お勧めのペットなどといった感じでOKです。

プレゼンの資料を作成する

 資料作成のポイントですが、ページごとに見出しをつけます。見出しとはスライド1枚のタイトルにあたる部分で、何を伝えたいのか一目瞭然であることが大切です。ネットニュースのタイトルを思い浮かべてください。それを読んだだけで中身の記事が予測できます。そのようなタイトル付けが重要なのです。

 次に資料ページに内容を入れていきますが、情報を詰め込みすぎるのはNGです。スライドは見やすいことが大切です。言いたいこともたくさんあるはずですが、あまり詰め込むと見えづらいだけでなく、訳のわからない資料となることもあります。自分の作りやすさではなく、相手が理解しやすいかと考えながら作成します。テキストを画像にする、あるいは文字が小さくないかなど見る人の目線で考えながら資料作成をすることが大切です。

 そして最後は仕上げです。これまでの作業を振り返ります。目次と見出しは合っているかどうか、目次は的確かどうか、話がつながっているかどうかなどをチェックしてOKであれば完成です。この作業はとても大切な部分です。いざ本番で内容がちぐはぐだと本末転倒ですので、疎かにすることのないようにする必要があります



 以上が基本的なプレゼン資料の作成手順となります。テーマ→目次→ページと周りから攻め、シンプルなものを心がけると論点がブレにくいプレゼンになるのです。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する