1. 飲み会をスムーズに開催するために知っておきたい、出欠に関する返信期限の設定方法

飲み会をスムーズに開催するために知っておきたい、出欠に関する返信期限の設定方法


 仕事をしていると、突然上司から「○○日に飲み会開くから、あとよろしく」なんて言われることもあるでしょう。そうなった場合、お店決めから参加人数の把握までやらなければなりません。その中でも一番面倒なのが、飲み会を呼びかけ参加人数を確定させることでしょう。ここでは、飲み会の出欠の返信期限の設定方法を紹介していきたいと思います。

一ヶ月+一週間前から出欠を取り始める 

 飲み会の出欠をとる際は、一ヶ月+一週間前から出欠を取っていけば、ゆとりを持って出欠をとることができます。一週間前にいきなり出欠をとるのは、無理があるので、飲み会を呼びかける際は最低でも一ヶ月前くらいから呼びかけるのが良いでしょう。そうすれば参加人数も多くなり、上司からも褒められると思います。

一週間+2日程度前に締め切る

 また出欠に関しては、一週間+2日程度前に締め切るのが良いでしょう。そうすれば余裕を持ってお店の予約を取ることができます。開催の3日前くらいまで期限を設けていると、肝心のお店がとれなくなってしまうということも起こりえるため、一週間+2日程度前に締め切るのが丁度良いでしょう。

 また、開催の1週間前に締め切りを設けておけば、急なキャンセルや参加にも対応することができます。もしかしたら、もう少し参加者が増えるかもしれないという気持ちから締め切りをギリギリにしてしまいがちですが、締め切りには余裕を持つようにしましょう。
 
 以上、飲み会の出欠の返信期限の設定方法を紹介してきました。飲み会をスムーズに開催するためにも、ここで紹介したポイントを意識して参加者を呼びかけていくのが良いでしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する