1. 上司を怒らせてしまう「報告」が下手な人の特徴と対策方法

上司を怒らせてしまう「報告」が下手な人の特徴と対策方法


 上司とともに仕事をしていると、「報告」は必ず行わなければなりません。しかし、上司への「報告」が下手でいつも怒られてしまうという人も中にはいるでしょう。一体、「報告」が下手な人はどんな特徴があるのでしょうか。

相手の忙しいタイミングで報告を行おうとする

 報告が下手な人というのは、相手のことを考えず、自分の都合が良い時に報告しようとします。そのため、「このタイミングでそんな事を報告するな!」と上司に怒られてしまうのです。

 上記のような時間帯に報告を行うのは極力避けるようにし、上司の手が空いているタイミングで報告を行うようにしましょう。報告はタイミングが大事ですので、自分ではなく相手の目線に立って報告するタイミングを決めましょう。

「どうしたらいいですか?」を使う

 上司に報告をするのが下手な人というのは、「どうしたらいいですか?」を使い自分で物事を考えようとしません。そのため、上司の怒りを買ってしまうのです。そうならないためにも、報告をする際は何かしら自分の仮説を持って「こうしたいのですが、よろしいですか?」という言葉を使うようにすれば、上司からの評価も高い報告が行えるようになると思います。


 以上、「報告」が下手な人の特徴をあげ、それに対する対策を紹介してきました。上司からの評価を落とさないためにも、ここで紹介したポイントを意識して報告下手いならないようにしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する