1. スケジュール調整を行うときのビジネスメールのマナー

スケジュール調整を行うときのビジネスメールのマナー


余裕を持って連絡する

 スケジュールの調整ですが、あまりにも近々のスケジュールを確定させようとしてもなかなかうまく行かないでしょう。1週間前位をめどに、まずスケジュールを調整する旨と、相手の希望を聞くようにしましょう。

相手が選択しやすいような工夫をする

 例えば、「2月のどこか都合がつく日」といわれても、なかなかスケジュールの希望を出す人はスケジュールを決めにくいでしょう。こちらである程度縛りを設け、「○日の△時ごろはいかがでしょうか」という形であたりを付けておくと、スムーズなスケジュールの調整に繋がるのではないでしょうか。



 ここでは、スケジュール調整を行うときのビジネスメールのマナーを紹介しました。相手が選択する場合でも、ある程度縛りをきかせるというところがスムーズなスケジュールの調整につながるようですので、是非参考にしてみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する