1. ビジネスで確認のメールを送る際のマナー

ビジネスで確認のメールを送る際のマナー


 メールで相手に確認して欲しい内容がある時に皆さんはどうされているでしょうか。ここでは、ビジネスメールでの確認のメールのマナーを紹介したいと思います。

「ご確認下さい」は間違った言葉遣い

 確認のメールですので「ご確認下さい」という言葉を使いがちですが、マナーとして正しい言葉遣いではありません。正しくは「ご査収ください」という言葉がより丁寧なため、使われています。ビジネスメールでは「ご査収ください」という表現を使いましょう。

確認メールで気を付けたいこと

 確認メールで気を付けたいのは、タイプミスや、誤記がないかチェックすることです。確認メールはビジネスでの取引や次のアクションまでの最後の部分ですので、確認メールが間違っていると大変なことになります。確認メールは、出来たとに2度ほど誤字あるかどうかや数字が間違っていないかチェックすると良いでしょう。



 ここでは、ビジネスメールで確認メールを送るときのマナーを紹介しました。確認メールは、言葉遣いを直し、チェックを重ねる必要があるでしょう。ビジネスメールを送るという方はぜひ参考にしてみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する