1. ビジネスメールで返信する際に短文を送るときのマナー

ビジネスメールで返信する際に短文を送るときのマナー


メールを短文で返すときのポイント

 メールを短文で返すときに気を付けたいポイントとして、「はい」「いいえ」だけでの返事は避けることが挙げられます。短文と入っても一言だけのメールでは、相手の印象も悪くなってしまうでしょう。メールを返すときは、最低でも2行から3行ほどのメールで返すようにしましょう。

メールを短文で返すときにしたい挨拶

「取り急ぎご報告まで」はNG

 よく「取り急ぎご報告まで」とメールの文末に書いて短文を締める場合がありますが、これは言葉遣いとして良くなく、マナー違反となります。「それでは、要件のみで失礼いたします。」というように、急いでいる場合でも丁寧な言葉遣いで文末の挨拶を締めるようにしましょう。



 ここでは、メールを短文で送るときのビジネスマナーを紹介しました。短文であっても、丁寧な文章と、言葉遣いでメールを作成することが、マナーに繋がるのではないでしょうか。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する