1. 営業マンが知っておくと良い、相手からの印象を良くするお詫びメールの書き方

営業マンが知っておくと良い、相手からの印象を良くするお詫びメールの書き方


 営業をしていると、時にはミスが起こってしまい取引先にお詫びのメールを送らなければならない時があると思います。ミスをしてしまった際は、お詫びのメールを送ることで、何とか相手の印象を回復させたいものです。ここでは、相手からの印象を良くするためのお詫びメールの書き方を紹介していきたいと思います。

「すみません」は使わない

 「すみません」は正式な謝座にに向かないため、お詫びのメールを送る際は使わないようにしましょう。「ご迷惑をお掛けし、お詫び申しあげます。」「大変失礼いたしました。」といったような言葉を使ってお詫びのメールを書くべきです。

 お詫びのメールをする上で大切なのは、誠心誠意きちんと謝ることですので、言葉の使い方も気をつけてメールを書きましょう。細かい部分かもしれませんが、こういった部分にも気を配ることで相手からの印象を回復していけると思います。

再発防止に向けての意気込みを書く

 お詫びのメールを書く上で、ミスが起こってしまったことに対する謝罪も大切ですが、同じミスが起こらないための意気込みを書くことも大切です。防止策なども記載しておくと、相手との信頼関係も早めに回復することができるでしょう。


 以上、相手からの印象を良くするためのお詫びメールの書き方を紹介してきました。相手からの印象をさらに悪くしないためにも、ここで紹介したポイントを意識してお詫びのメールを書いてみると良いでしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する