1. ビジネスメールを書く際の改行のマナー

ビジネスメールを書く際の改行のマナー


改行を入れるタイミング

 改行を入れるタイミングとしては、文字数が30文字を超えてきた当たりが適切かと思われます。長い文章になる場合はこのぐらいをめどに改行を行って下さい。また、逆に改行が多すぎるのも見にくいメールの原因となりますので、無駄な改行はしないようにしましょう。

改行を行い行間を開けるべき場所

 メールで行間を開けるべき場所は、文章の切れ目の部分になります。ビジネスメールの構造として、序文があり、本題があり、最後に終わりの挨拶があるという形が一般的ですが、その合間に行間を明けておくことで、相手もどこが本題なのかをつかみやすくなるでしょう。



 ここでは、ビジネスメールを書く際の改行の使い方のマナーを紹介しました。適切な部分に改行を入れることがマナーとして求められるようです。ビジネスメールを作成する際は気を付けましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する