1. 【評価を下げない!】新人が飲み会の服装で気をつけておくべきポイント

【評価を下げない!】新人が飲み会の服装で気をつけておくべきポイント


 新人にとって会社の飲み会は、上司からの評価を高める絶好の機会と言えるでしょう。そのためにも第一印象を悪くしないためにも服装にはしっかり気を配っておきたいところです。ここでは、新人が飲み会の服装で気をつけておくべきポイントを紹介していきたいと思います。

靴下に穴は空いていないかチェック

 飲み会に参加する前に靴下に穴は空いてないかチェックしておくようにしましょう。座敷に案内された場合、靴下に穴が空いていると少し評価が落ちてしまいます。ですので、飲み会に参加する日は、穴が空いていない靴下をしっかり選んで履いていくようにしましょう。

 テーブル席だろうと高を括っていると、痛い目に合うのでどんな状況になっても大丈夫なように準備はしっかり行っておきましょう。

なるべく無地に使いスーツを選ぶ

新入社員が選ぶのなら、スーツの布地はストライプがギラギラと目立つような派手なものよりも、できるだけ無地に近いものを。もしストライプが入っている場合には目立たないものを選びましょう。また、明るい色よりもなるべく濃い色、暗い色を選ぶことをおすすめします。できればシワになりにくく、ある程度高級感のあるウール素材のものをおすすめします。

出典:マナー「新入社員の服装」服・スーツ・髪型・男性・女性・男・女・私服
 飲み会だからと調子に乗ってストライプがギラギラと目立つようなスーツを着ていくのはやめましょう。飲み会においても清潔感があること、相手に不快感を与えないことが大切ですので、なるべく無地に近いスーツを選んで着るようにしましょう。


 以上、新人が飲み会の服装で気をつけておくべきポイントを紹介してきました。上司の評価をあげる飲み会で逆に評価が下がってしまうという事態に陥らないためにもここで紹介したポイントを意識した服装にすると良いでしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する