1. 話すのが苦手な人が飲み会で一言を依頼された時の切り抜け方

話すのが苦手な人が飲み会で一言を依頼された時の切り抜け方


話すのが苦手な人が飲み会で一言を依頼された時の切り抜け方 1番目の画像
 会社の飲み会に参加すると何か一言、言わされることがあると思います。話すのが得意な人は良いのですが、中には話すのが苦手でという人もいるでしょう。ここでは、そういった人達に対して一言を依頼された時の切り抜け方を紹介していきたいと思います。

後輩に任せてしまう

 話すのが苦手だけど一言を依頼されてしまったという人の切り抜け方として最初に紹介するのが後輩に任せてしまうということです。もし、自分に後輩がいるのであれば、サッと後輩に任せてしまうのが良いでしょう。

 ただ、後輩が話し終わった後に「さっきがありがとう。助かったよ」と一言言ってあげましょう。この一言がないと、自分に苦手なことを押し付けるダメな先輩というイメージがついてしまうので、後輩に任せた後は感謝の一言を述べるようにしましょう。

同僚に根回ししておく

 飲み会に参加している同僚に事前に根回しをしておくことも大切です。「もし、一言言わされそうになったらフォローよろしく」というように事前に対策を打っておけば、いざ一言に指名されても切り抜けることができるでしょう。

 ここでも同様にフォローしてもらった後でしっかり感謝を伝えるようにしましょう。例えば、後日ごはんをご馳走するくらいしてあげても良いかもしれません。そうすれば次回、困った時も助けてもらえるでしょう。


 以上、話すのが苦手な人が一言を依頼された時の切り抜け方を紹介してきました。なるべく依頼されたことはしっかりこなすべきですが、どうしても苦手という人はここで紹介した方法を使ってみると良いでしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する