1. 余計な怒りを買わない!苦手な上司に対して報告する際のポイント

余計な怒りを買わない!苦手な上司に対して報告する際のポイント


 仕事をする上で、問題がなるべく起こらないようにするため上司に進捗状況や現状をきちんと報告しなければなりません。しかし、働いてると苦手な上司というのもいることでしょう。ここでは、苦手な上司に対して報告する際のポイントを幾つか紹介していこうと思います。

選択肢をつけて選ばせる

 苦手な上司に報告を行う際は、一度の報告で全てのことを伝えようとするのではなく、頻繁に報告を行うようにしましょう。その際、幾つか選択肢を用意して仕事に関して相談してみると良かもしれません。

 そうすれば、間違った方向に進んでしまい上司に怒られるということもなくなるため、苦手な上司に対するイメージも少しは良くなるのではないでしょうか。

付箋なども活用してみる

 苦手な上司へ報告をしなければならなくなった際は、付箋なども活用してみると良いでしょう。付箋に報告内容を記載し、上司のデスクに置くのも苦手な上司への対策の一つして活用できます。

 しかし、常に付箋で報告を行っていると上司の怒りを買う事にも繋がるため、最初の数回くらいにしておくべきでしょう。報告に慣れてきたら、付箋を使わず上司の機嫌が良さそうなタイミングを見計らって報告をすると良いです。


 以上、苦手な上司に対して報告する際のポイントを紹介してきました。苦手な上司がいる人は多いと思いますが、仕事をしていく上で報告を怠ってしまってはいけません。苦手な上司に報告をする場合は、ここで紹介したポイントを意識してみると良いかもしれません。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する