1. ビジネスメールでの「追伸」に関するマナー

ビジネスメールでの「追伸」に関するマナー


ビジネスメールでの「追伸」の扱い

 ビジネスメールのマナーとして、原則的に「追伸」と言って書き足しを行うことはマナー違反になります。ビジネスメールは用件を手短にわかりやすく伝える目的が有りますので、追伸という風に書いて余計なものが加わると相手も内容に集中できなくなってしまいます。

用件が別にあるときは別のメールとして送る

 用件が他にもあると書いている間に思いついたり、思い出したりした場合は、別のメールとしてその内容を送り、決して追伸という形にはしないでください。ビジネスメールでは基本的に1通のメールでは1つの用件しか話題に出さないと覚えとくと良いでしょう。



 ここでは、ビジネスメールでの「追伸」に関するマナーについて紹介しました。ビジネスメールでは1通のメールで話題は1つに限定するというマナーがあります。追伸という形ではなく、別のメールとして付加する内容を送るようにしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する