1. ビジネスメールでの差出人の部分の書き方のマナー

ビジネスメールでの差出人の部分の書き方のマナー


差出人は必ず設定するようにする

 差出人を設定しないと、アドレスが差出人欄に表示されるケースが多いです。しかし、アドレスだけでは誰か特定するのが難しく、場合によっては迷惑メールや、関係ないメールとして処理されてしまう場合があります。ビジネスメールで使うアドレスには必ず差出人の設定を行うようにしてください。

差出人欄に書く内容

 差出人欄に書く内容は、「株式会社〇〇 △△ △△」というように差出人の名前と会社名が入っているものが良いです。これ以上削ってしまうとだれか判別できませんし、長いと、欄からはみ出して確認できなくなります。会社名が長い場合は、「株式会社」の部分を省略してしまっても構いません。また、差出人がローマ字になっている場合ですと、スパムメールと間違われてしまう恐れがあります。相手がぱっとみてわかるような差出人欄にしましょう。



 ここでは、ビジネスメールでの差出人欄の書き方のマナーを紹介しました。差出人欄はメールを受信したときに最初に確認することの1つですので、きっちりマナーを守った書き方をするように心がけましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する