1. 成果を出したい営業マンにおくる、顧客を効果的に管理する方法

成果を出したい営業マンにおくる、顧客を効果的に管理する方法


 営業の目標を達成するためには、自分の努力も大切ですが顧客をしっかり管理して効果的なタイミングでアプローチが出来るようにすることも大切になります。ここでは、顧客を効果的に管理する方法を紹介していきたいと思います。

Google Driveなどを活用する

 顧客の情報を管理するタイミングとして最もベストなのが、「商談後」です。そのため、商談が終わった後にすぐ更新がかけられるの最も良いでしょう。社内のPCでしか情報を管理できないようですと、一回会社に帰らなければいけませんがGoogle Driveなどを活用すれば、会社に帰らずとも近くのカフェなどで更新をかけられることができます。

 こういったツールを上手く活用すれば、情報の更新や管理に余計なコストをかけずに済みます。また、再度商談に行く際に電車の中などで情報を見ることができるため、効果的なアプローチが行えるのではないでしょうか。

記入項目はなるべく少なく

 顧客に関する記入項目はなるべく少なくするようにしましょう。記入する項目が多いと、入力するのが面倒になってしまい結局管理ができないという事態に陥ってしまうかもしれません。

 記入項目は商談の記録や会社の概要など、必要最低限の項目にして入力の手間を極力減らすようにすると、上手に顧客を管理していけるのではないでしょうか。


 以上、顧客を効果的に管理する方法を紹介してきました。営業マンとして成果を残すためには、適切なタイミングでアプローチしていくことが大切ですので、ここで紹介したことを意識して顧客を管理していくと良いでしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する