1. ビジネスメールにつけるタイトルに関するマナー

ビジネスメールにつけるタイトルに関するマナー


自分から送るメールのタイトル

 自分から送るメールのタイトルで気を付けたいマナーですが、本文を見なくてもタイトルで趣旨や用件がわかるようなタイトルを付けるということが挙げられます。例えば、「○○の件について」というタイトルでは何を依頼するメールなのかわかりにくいです。日にちや目的などを入れたタイトルを付けるようにしましょう。「○月○日 △△についてのご報告」という形にすると、相手はタイトルで読むべきメールとわかるでしょう。

返信がどうしても欲しいときは

 返信がどうしても欲しいば場合は、「【重要】」というように括弧に囲んでアピールし、タイトルの頭の部分につけると相手の目を引きます。このような工夫をすることもメールのタイトルには求められます。

返信する時のメールのタイトル

 返信する時のメールのタイトルですが、「RE:」を付けて送るのはマナー違反ではありません。しかし、「RE:」が重なってしまうと件名がわかりにくくなってしまうので、「RE:」の数は毎回1個に減らして送るようにしましょう。



 ここでは、ビジネスメールのタイトルに関するマナーについて紹介しました。わかりやすく見やすいタイトルを付けることがそのままマナーに繋がるようです。簡潔なタイトルを付け、マナーの良いビジネスメールを送るようにしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する