1. 【相手にきちんと返信してもらえる】営業マンが知っておくべきメール返信の催促の仕方

【相手にきちんと返信してもらえる】営業マンが知っておくべきメール返信の催促の仕方


 営業をしているとメールを送ったけれど相手から返信がないということも度々起こるのではないでしょうか。相手からの返信がないと、こちらも動くに動けないため返信してもらえうように催促のメールをすると思います。しかし、その内容によっては相手の返信する気を余計に起こしにくくなってしまうことにも繋がりかねません。

 ここでは、相手にきちんと返信してもらえるメール返信の催促の仕方を紹介していきたいと思います。

メールの冒頭に謝罪の一言を入れる

 自分が送ったメールが他からくる大量のメールに埋もれてしまっているため、返信が出来ていない可能性も大いにあるため、いきなり返信がないことに対する怒りを述べるのではなく、「お忙しいところ大変申し訳ございません。」といったような謝罪の一言を入れると相手からの印象も良くなるでしょう。

 自分の立場で考えるのではなく、相手の立場に立って考えてからメールを送るようにしましょう。そうすれば、相手からの印象も下げずに済むと思います。

相手にしてもらいたいアクションを述べる

 催促のメールを送る上で、このメールを読んだ後、相手にどんなアクションをこちらが求めているのは分かり易く伝えてあげるようにしましょう。ここが抜けていると相手もどうすれば良いか分からなくなってしまうため、催促のメールには相手にしてもらいたいアクションを必ず入れるようにしましょう。

相手の言い訳を用意してあげる 

  相手から返信をもらうためには、相手の言い訳をこちらが用意してあげると良いでしょう。例えば、「もしかしたら迷惑メールのフォルダに入ってしまっている可能性もあると思ったので〜」というような言い回しをしてあげると、相手も負い目を感じにくくなるので、返信をしてもらいやすくなるのではないでしょうか。

 以上、相手にきちんと返信してもらえるメール返信の催促の仕方を紹介してきました。相手の印象を下げずにメールの催促をするためにもここで紹介したポイントを意識してメールを送ってみて下さい。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する