1. ビジネスメールに添付するファイルのサイズに関するマナー

ビジネスメールに添付するファイルのサイズに関するマナー


メールに添付するファイルのサイズの許容範囲

 メールに添付するファイルの許容されるサイズとしては、4MBぐらいまでが一般的とされています。メールサービスによっては、大きな容量の添付ファイルを読みこむことができるものもありますが、回線が重なってしまったり、時間が余計にかかってしまったりするため、これ以上のファイルは無条件に送るのは控えましょう。

サイズが大きいファイルを送る場合は

 サイズが大きいファイルを送る場合は、まず送信相手に「○MBのファイルを送付したいのですが、よろしいでしょうか」という確認のメールを送るようにしましょう。相手から承認をもらえたら送るようにしましょう。クラウドサービスを使うても有りますが、会社内のファイルをクラウドサービスに上げることは、セキュリティの問題もありますので、やめましょう。



 ここでは、ビジネスメールに添付するファイルのサイズに関するマナーについて紹介しました。添付するファイルのサイズにはある程度常識の範囲が設定されており、マナーとしてはそこを超えないように注意することが必要となります。ファイルを添付したメールを送る際は気を付けましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する