1. 営業マンがメールで資料を送付する際に気をつけておくべきこと

営業マンがメールで資料を送付する際に気をつけておくべきこと


 営業をしていると、テレアポを行った後にメールで資料を送付するパターンは多くあるでしょう。作業になってしまいがちなテレアポからのメールでの資料送付ですが、アポに繋げるためにもしっかり気を配っておきたいものです。

 ここでは、メールで資料を送付する際に気をつけておくべきことを紹介したいと思います。

容量は1MB以内に抑える

 メールで資料を送付する際は、容量が1MB以内に収まるようにしておきましょう。届いた資料を開くのに時間がかかってしまっては、相手も見る気がなくなってしまうためアポに繋がらなくなってしまいます。

 送る前に容量を一度確認し、もし容量が大きいのであればサイズを圧縮してから送るようにしましょう。意外と気にせず送っている人も多いですが、こういう細かい気配りが相手との信頼関係構築に役立つのです。

タイトルでどこからの資料か分かるようにする

 メールで資料を送付する場合、タイトルでどこからの資料かが分かるようにしておきましょう。【株式会社○○より】といったようにタイトルに会社名を入れると、メールを開いてもらいやすくなるでしょう。

 せっかくメールで資料を送付したにも関わらず、見てもらえないというのは非常にもったいないことですので、タイトルも工夫し資料をしっかり見てもらえるようにしましょう。


 以上、メールで資料を送付する際に気をつけておくべきことを紹介してきました。資料送付をアポに繋げるためにも、ここで紹介したポイントを意識してメールを送ってみると良いかもしれません。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する