1. ビジネスメールで配慮したい、調度良い文字数の多さのマナー

ビジネスメールで配慮したい、調度良い文字数の多さのマナー


メール一通での適切な文字数

 メール一通でも適切な文字数としては、だいたい600文字以内がメールを集中して読む限界と言われています。それ以上長くなってしまう場合は、何個かに分けてメールを送ると良いでしょう。

一行における適切な文字数

 一行に書くべき文字数としては、30文字から35文字が適切と言われています。これは、読みやすいという理由もそうですが、メールの規格として全角38文字以下を一行とするというものがあるからと言われています。これ以上長い文章を書くとスクロールが必要となる場合が多く、相手が非常に読みにくいメールとなってしまいます。メールを書くときは、一行の文字数も意識して書くと良いのではないでしょうか。



 ここでは、メールの文字数に関するマナーを紹介しました。メールを書く際は、相手への配慮が必要ですが、読みやすさという点で文字数にも気を気張ってみうといいのではないでしょうか。ここで紹介した文字数を意識してビジネスメール作りをしてみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する