1. ビジネスメールの返信をするときに気を付けたい時間や内容のマナー

ビジネスメールの返信をするときに気を付けたい時間や内容のマナー


返信にかけても良い時間

 返信をする際は早ければ早いほうがいいと言われていますが、しっかりと内容を吟味する必要もありますので、注意が必要です。返信にかけても良い時間は、マナー的には1日以内といったところでしょう。それ以上たってしまいますと時間にルーズな印象を相手に持たれてしまいます。

返信メールの内容に関するマナー

 返信メールでは、きちんと届いて内容を確認したということを冒頭でフラル用にしましょう。「〇〇の件ですが、確認しました」「添付された資料、確かに受領しました」という文章が冒頭にあると良いです。また、件名ですが、「RE:件名」となっている場合はそのまま変えなくても大丈夫です。そうなっていない場合は、「〇〇の件について」など、どのメールへの返信かわかりやすくしておくようにしましょう。



 ここでは、ビジネスメールの返信に関するマナーについて紹介しました。ここで紹介したマナーを守り、正しい方法でメールを返信するようにしてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する