1. 深夜のメール送付はNG?ビジネスメールを送る時間帯に関するマナー

深夜のメール送付はNG?ビジネスメールを送る時間帯に関するマナー

深夜のメール送付はNG?ビジネスメールを送る時間帯に関するマナー 1番目の画像

 ビジネスパーソンが見落としがちなマナーの一つ「メールを送る時間帯」。

 ビジネスメールは電話と異なり、ネットさえ通じていれば時間帯関係なく受信することが可能なため、相手の時間帯を考えずにメールを送る人が幾ばくか存在するのだ。

 そこで今回は、ビジネスメールを送る時間帯のマナーについて紹介したい。

原則的にビジネスメールは「就業時間中」に送る

深夜のメール送付はNG?ビジネスメールを送る時間帯に関するマナー 2番目の画像

 ビジネスメールは、送信する“相手の就業時間内”に送るのが基本である。

就業時間外のビジネスメールが引き起こすこと①:時間外の対応を要求される

 まず、就業時間以外の時間に送ると、就業時間外に働いている人という印象を与えかねない。

 そうなると「時間外でも対応してくれる人」という印象が残ってしまい、夜間に急な対応を余儀なくされる可能性が高くなってしまうのだ。

 結果的に自分にとってマイナスな影響を及ぼしてしまうので、「就業時間中」に送るように心がけよう。

就業時間外のビジネスメールが引き起こすこと②:相手の私用携帯にメール通知が飛ぶ

 また、相手がビジネスメールを私用携帯に転送している人の場合、営業時間外に通知が飛ぶことになり、相手の迷惑になってしまう可能性がある。

 深夜にどうしてもビジネスメールを送らなければならないときは、時間指定の機能を利用するなどして深夜帯からずらして送ってみてもいいだろう。

 もしくは下記に紹介する一言を付け加えて、メールを送ってみてほしい。

【遅い時間にメールを送る場合】一言添えて送ると好印象に繋がる

深夜のメール送付はNG?ビジネスメールを送る時間帯に関するマナー 3番目の画像

 原則的には「営業時間内」にビジネスメールを送信することを勧めたが、仕事やプロジェクトの都合で営業時間外にメールを送らなければならない場合もある。

 そんなときは、以下のような一言を付け加えて、相手を気遣ったメール文面を作成してよう。

【例文】深夜に送るビジネスメールの好印象な一言

  • 夜分遅くに申し訳ございません
  • 休日中のメールとなり、申し訳ありません
  • このメールは出張先の〇〇から現地時間☓月☓日12:30にお送りいたしました(海外から送る場合)

 相手の営業時間や営業日に配慮した一言があるだけで、印象がかなり良くなるはずだ。

 遅い時間にビジネスメールを送る場合、「早く返信しないといけない……」などのプレッシャーを受信者が感じないような配慮をしてほしい。

 休日前の深夜にメールを送るならば「メールを送った理由」や「休日明けの返信依頼」などを記載すると、より丁寧になるだろう。


 ビジネスメールを送る時間帯のマナーについて紹介してきた。

 あまりメールを送る時間帯について気にしていなかったという人は、なるべく就業時間内にメールを送るように心がけてほしい。

 ビジネスメールの時間帯マナーを守ることが、ホワイトな働き方の一助となるのだ。

メールのやり取りにこりごり!時代の潮流に合った企業に転職するなら「ランスタッド」

深夜のメール送付はNG?ビジネスメールを送る時間帯に関するマナー 4番目の画像

 メールでの仕事のやり取りは、いちいち定型文を挿入したり、うまく連絡が行き渡らなかったりと骨が折れるもの。コミュニケーションの効率化を測って、ビジネスチャットツールなどを導入する企業に魅力を感じるだろう。

 メールのやり取りに不満を感じたら、時代の潮流にあった企業への転職をおすすめしたい

 20〜30代を対象に、グローバルに求人を持つ「世界最大級」の転職エージェント「ランスタッド」なら、自分の理想の転職先を見つけることができる。

 「自由な社風の企業に転職したい」「あまり伝統にとらわれない職場がいい」「個人の裁量を活かせる職場がいい」など、さまざまな望みをコンサルタントが聞いて解決してくれるのだ。

 時代の潮流に合った企業に転職したい人は、一度「ランスタッド」に登録してみてほしい。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する