1. 名刺を手帳に入れて持ち歩く場合のマナー

名刺を手帳に入れて持ち歩く場合のマナー



手帳に名刺を入れているときに気を付けたいこと

 名刺は本来、名刺入れに入れておくものです。ただし、営業マンでない方など、普段名刺入れを持たない方もいることと思います。その場合、手帳に挟んでおいて不意に来客があった時、名刺交換となるシーンで手帳から名刺を出して、ということもあるかと思います。ただ、手帳から名刺を出すというのははっきり言って、あまり良い印象を与えません。そこで、手帳から名刺を出す際にはマナーに気をつけなければなりません。

手帳から名刺をさりげなく出す方法

 営業の仕事をしていない事務の方、技術の仕事をしている方でも名刺はもっている、そしてたまに来客があれば名刺交換をするケースもあるかと思います。その場合、マナーとして綴じ手帳から名刺を出す場面は相手の目には見せたくないものです。かならず事前に手帳から出しておいて胸のポケットにでも入れておいた方が良いでしょう。同じように、受け取った名刺はそのまま手帳に挟むことはしないことです。受け取ったらしばらく机の上、自分から見て右下に置いておく。立ったままなら、手に持ったままにしておく。そして会話の途中でさりげなく胸ポケットにしまう。会話に集中していれば相手の方も意識していないので、それほど目立たずにしまえることと思います。

システム手帳を持っている場合

 綴じ手帳に名刺を入れていると、あまり良い印象は与えません。名刺をぞんざいに扱っているというイメージがあるからです。けれども大きめなシステム手帳を使っている方ならば逆に、そこから出される名刺には綴じ手帳とは違う印象を与えます。それはそれでOKということです。システム手帳で名刺をも管理している、風に思わせる事ができます。ただし、名刺入れ用のリフィルは用意しておきましょう。そこにしまって管理しておいた方がよいと思います。

営業マンは手帳に名刺を入れてはいけない

 営業マンであれば、名刺入れは大事なアイテムです。万が一その名刺入れを忘れてしまった時の保険に、手帳に名刺を入れておくことはあるでしょう。その場合は、綴じ手帳であろうとシステム手帳であろうと、直接そこから名刺を出すシーンは見せるべきではありません。お客さんと合う前に出して用意しておくべきです。営業にとっては名刺とはその人の顔そのものです。ぞんざいに扱ってはいけません。まずはその意識を持つことが必要です。そうすればどんなシーンでもさりげなく、マナーに気をつけて取り扱うことができます。自分の仕事内容と、持っている手帳との関係をしっかり把握しておくことが大切です。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する