1. 営業の訪問で相手が不在だった場合の「名刺」の使い方&手書きメッセージの書き方

営業の訪問で相手が不在だった場合の「名刺」の使い方&手書きメッセージの書き方

営業の訪問で相手が不在だった場合の「名刺」の使い方&手書きメッセージの書き方 1番目の画像

 「名刺」といえば営業マン、ビジネスマンの代名詞ともいえるアイテムの一つ。

 営業マンにとって欠かせない営業ツールである名刺だが、訪問先で担当者が不在の場合にはどのように名刺を使うのが適切なのだろうか?

 今回は飛び込み営業などで企業を訪問した際、担当者が不在だった場合の名刺の使い方を見ていきたい。

営業で相手が不在でも「名刺」は役立つ!

営業の訪問で相手が不在だった場合の「名刺」の使い方&手書きメッセージの書き方 2番目の画像

営業訪問したことを無駄にしないための「名刺」

 一定の規模のある事業所への訪問でもアポイントをとらずに営業しに行く場合、担当者が不在のケースはよくあることだ。

 とくに飛び込み営業では担当者が不在のケースが多いだろう。

 また、訪問先が自営業者である場合や、士業を営んでいる事務所やクリニックでは、定休日や休診日と重なって行った先に誰もいない、閉まっているなどということは日常茶飯事。

 そこでただ何もせずに次の訪問先に行ったり、自社に戻ったりしてしまっては単なる無駄足に終わってしまう。

 そんなときは、ぜひ以下のように名刺を活用して、営業訪問した時間を意義のあるものにしてほしい。

【名刺活用術】担当者不在時に好印象を与える挨拶テクニック

営業の訪問で相手が不在だった場合の「名刺」の使い方&手書きメッセージの書き方 3番目の画像

 担当者が不在のとき、一体どのように名刺を活用するのだろうか?

 担当者不在時に好印象を与えるには、「挨拶のメモと名刺を残す」という挨拶の仕方が有用である。

名刺と一緒に残す挨拶メモには「用件だけではなく、心を込めて書く」

 担当者不在の場合や訪問先が休業日である場合、名刺と資料だけをポストに投函したり、受付の人に渡したりするのでは味気ない。

 血の通った営業をしたいのであれば、「挨拶メモ」を心を込めて書くのがおすすめだ。

 担当者が不在である場合は、以下のようなポイントを押さえた一言をメモに添えよう。

営業先の担当者が不在だったときに名刺と一緒に残すメモの内容

  • 今回の訪問の目的
  • 突然の訪問に対する謝罪
  • 一言挨拶

 以上のポイントを押さえると、このような一言メッセージが仕上がる。どんなメッセージを残そうか悩んでいる営業マンは、ぜひ例文を参考にしてみてほしい。

営業先の担当者不在時に名刺と一緒に残す一言メッセージ【例文】

  • 突然のご挨拶失礼します。〇〇のご案内をしたくお伺いしましたが、ご不在でしたので名刺と資料を置かせていただきます。よろしくお願いいたします。

名刺には訪問した日付を記載する

 また、訪問先が定休日などで閉まっていた場合には、自分の名刺に訪れた日付を記しておこう。

 受付の人もいなければ、いつ訪問しに来たのかは当然わからない。

 名刺に「20☓☓年 ○月○日訪問」「20☓☓年 ○月○日 ご挨拶にうかがいました」などと記載しよう。

 名刺とメモは、玄関やポストなどわかりやすいところに置いておくこと。

担当者ではない人に受付をしてもらった場合の名刺マナー

 訪問先で目当ての担当者が不在だった場合にも、適切な名刺の渡し方がある。

 もしも担当者が不在であれば、受付の人や、訪問先の部署の方に要件を伝えて、名刺を渡そう。

 このとき、特段なにかを書き込む必要はない(もちろん書き込む余裕があれば書いてもOK)。

 ただし、担当者ではない人に対応してもらった場合には必ず2枚以上、名刺を渡そう

 対応いただいた人用と、不在だった相手用という意味で渡せば、運が良ければそこから先に部署内で名刺が回り、思わぬ人から連絡が来る可能性がある。


 商機を増やすためにも、営業用の販促資料などがあれば、名刺と一緒にクリップで留めておこう。

 飛び込み営業などで、担当者が不在でもくじける必要は一切ない。

 名刺と一緒に手書きメモなどを残して、実際に訪問して対面したのに近い心理的な距離感を与えよう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する