1. 好印象を得るために女性営業マンが意識しておくべき服装のポイント

好印象を得るために女性営業マンが意識しておくべき服装のポイント


 営業マンにとって見た目の第一印象は、その後の成功にも影響するといっても過言ではありません。特に女性なら、相手に清潔感と好印象を持って頂ける服装を心がけたいですよね。そこで、女性が営業に行くために心掛けたい服装のポイントをご紹介します。

好印象な服装のポイント

 女性営業マンの身だしなみは、その会社の印象にも繋がります。ジャケットは必ず羽織り、スカートかパンツと合わせましょう。スカートは極端に長い丈や短い丈の物は避けましょう。膝が隠れる程度の長さなら、清楚な印象を与えることができます。あまり身体のラインを強調したり、露出をしてしまうと清潔感がなくなり、マイナスな印象になってしまうので気をつけましょう。営業先で会う方の年齢や立場等にも配慮をして、服装を選ぶことも大切です。

 初対面の相手でない場合には、少しお洒落をすることも良いでしょう。シャツやブラウスの柄は、小花柄や水玉柄など派手過ぎなくて親しみやすい柄を選ぶと印象が良いです。その際にも、相手の立場や仕事内容に合わせましょう。相手は細かい点も意外とよく見ているものです。なので、袖口や襟はきちんとアイロンをかけて清潔な状態で着ましょう。

 ストッキングは必ず履いて生足は避けましょう。柄や色も仕事の場に適しているものを選びましょう。靴はシンプルなパンプスを選びましょう。ヒールの高さは、低すぎてしまうとカジュアルで軽い印象になってしまいます。なので5㎝以上のヒールで高すぎないものを選ぶと良いでしょう。8cm以上のヒールだと派手な印象を与えてしまいます。ストラップが付いている靴や、オープントゥの靴もカジュアルで幼い印象を与えてしまうので避けましょう。

好印象な髪型やメイクのポイント

 髪は顔にかからないようにまとめましょう。しかしポニーテールにしてしまうと、カジュアルで幼い印象になってしまいます。ショートヘアもスッキリとして良い印象を与えることができますが、似合う髪型なのか考えて選ぶことも大切です。

 メイクも、全くのノーメイクだとやる気のない印象を与えてしまうこともあります。また、幼い印象にならないように、程よく色も使うと良いでしょう。色はベージュ系で統一すると大人でしっかりした印象になります。こってりしたピンクを使うといった派手なメイクも控えましょう。メイクは女性にとって最低限のマナーです。メイクの本も沢山出版されているので、自分に合うメイクを研究されても良いと思います。

 身だしなみが行き届いている女性営業担当の方だと、強い信頼感を得ると思います。例え仕事がどんなに出来る女性でも、見た目がだらしないと信頼感は薄れてしまいます。仕事の能力だけでなく、服装や身だしなみにも磨きをかけて、成功を増やして欲しいと思います。人は第一印象が大切という話は本当だと思うからこそ、仕事と同じぐらい見た目にも気を使える女性営業マンはとても魅力的です。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する