1. ビジネスで人物紹介をする時のマナー

ビジネスで人物紹介をする時のマナー


 ビジネスシーンに多々ある人物紹介のシーン。受け手になっている時は、それほど気にすることがなくても、いざ自分がやってみるとなるとどんな風に行えばいいのか、戸惑ったことはありませんか?ここでは、人物紹介のシーンの挨拶のマナーについて紹介していこうと思います。

紹介する際の順序

 紹介する順序をもし間違えてしまえば、それはマナー違反にもつながっています。果たして、紹介する場合はどのような順で紹介するべきなのでしょうか。

 まず、紹介する順序には、敬意を示す相手を後に紹介するということがマナーです。そのため、一番重要である人や目上の人を最後に紹介します。

人物紹介をするときの具体的な例

 例えば身内と他人がいる場合には、身内を先に紹介します。また、自社の人と他社の人がいる場合には、自社の人を先に紹介します。訪問先で同行者がいる場合には同行した人を先に紹介します。

 加えて、地位に上下がある場合や、年齢差がある場合は、年長者や地位が高い人は後回しにします。もし、同年代で地位も同じ、男性と女性の方が並んだ場合には一般的に男性を先に紹介します。しかし、この場合は特に意識せず、立ち位置や状況によって適時判断することも重要となります。また、頼まれて紹介する場合には、原則として紹介を依頼してきた人を先に紹介する必要があります。初対面での挨拶のマナーは重要になってきます。相手に無礼がないように挨拶をする必要があります。

人物紹介をする際に気を付けたいポイント

 紹介した後は、基本的に自分が対話の進行役となることが基本のマナーです。これは、紹介した人である自分が、一番両者のことを良く理解している立場なので話の進行が行いやすいからです。

 また、紹介された側は、お互いまだ見知ったばかりのため心を開いていない可能性も考えられます。そのため、進行係は自分が進める必要があります。また、おどおどした態度や自身の無い態度は、相手に不信感や不安感を与えることに繋がります。もし、大切なビジネスシーンであった場合に、相手に不信感を与えてしまうと、商談のお話などが全て無くなってしまうかもしれません。重要な場面ですので、常に平常心をこころがけ、相手に信頼してもらえるように、丁寧な言葉遣いで接するということが大切になります。もし人物紹介がスムーズに進めば、商談もスムーズに進む可能性があります。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する