1. フォーマルなビジネスシーンでのスーツのマナー

フォーマルなビジネスシーンでのスーツのマナー


 営業マンの代名詞とも言えるのがスーツです。近年ではクールビズの導入やビジネスカジュアルの利用シーンの拡大など、ビジネス上の服装のコードやルール、あるいはマナーについても多様化が見られるようになって来たのも事実です。その意味で、かつてよりはビジネス上の服装に関しても「こうあるべきだ」という厳格さは幾分やわらいでいる面もありますが、これが「フォーマルなビジネスシーン」となるとまた違ってきます。

フォーマルなビジネスシーンでの服装の考え方

 ではフォーマルなビジネスでのスーツのマナーとはどう考えればいいのでしょうか。これは簡単です。最もビジネス上の服装コードの中でも、厳格かつスタンダードなものを選べばいいのです。つまり、こうした服装コードやマナーというのはTPOに応じて最適なものを選べばいいわけです。ここではあくまでビジネスシーンを想定していますので、商談などの際に燕尾服やタキシード、あるいは羽織袴などを着る人はあり得ないでしょう。逆にTシャツや短パンで重要な商談を行う人もまずいないはずです。つまりフォーマルなビジネスシーンでの服装とは、スーツにネクタイが基本となります。

フォーマルなビジネスシーンでのスーツのマナー

 では具体的にフォーマルなビジネスシーンでのスーツのマナーとはどういったものになるでしょうか。基本は、清潔感があり、相手に不快感を与えずに、その場に合った服という事になります。またある意味での無難さが必要でしょう。従って前述したように、ビジネスマンが商談を行う際に着るべきフォーマルな服装はスーツにネクタイが最適という事になります。スーツに関してはあまり派手な柄や色のものではなく落ち着いた色で、シワなどが無くきちんと手入れされたものが良いでしょう。

スーツに付随する服装の選び方のマナー

フォーマルな服装での靴下の選び方

 靴下は白は避けるべきです。紺や黒などスーツの色に合った落ち着いた色が良いです。また、ワイシャツもよく洗濯されていて清潔な白色のものにしましょう。

フォーマルな服装でのネクタイの選び方

 ネクタイに関しては比較的自由度がある所だと思います。フォーマルなビジネスシーンの中でも比較的、個人の好みを出しても良い所のひとつです。ただここでも例えばアニメのキャラクターが大きくプリントされているネクタイや喪服に使用するような深い黒色、あるいは結婚式に使うような純白のネクタイがNGだというのは明らかです。もちろんそられは極端な例ですが、やりすぎず、かつあまり地味すぎないという意味で、一定の無難な柄や色のものを選ぶべきです。

フォーマルな服装での靴の選び方

 また、靴も大事です。足元は見る人は見ていますので、あまり安いものではなくて、しっかりした革靴などを磨いて着用するのが望ましいでしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する