1. ビジネスの打ち合わせ中に電話がかかってきたときのマナー

ビジネスの打ち合わせ中に電話がかかってきたときのマナー


打ち合わせの間はマナーモードに設定しておく

 打ち合わせの時は、必ず携帯電話やスマートフォンをマナーモードに設定しましょう。打ち合わせの間に電話が鳴ってしまうと気が散りますし、電話に出てもよい案件で打ち合わせをしていると相手に取られかねません。

打ち合わせの間は基本的に電話に出ない

 打ち合わせ中は基本的には電話に出ないようにしてください。電話にでると打ち合わせの妨げになってしまうからです。例外としては、社内の打ち合わせ中にかかってきたクライアントからの電話等は、優先順位的にクライアントを優先すべき場合ですので、出ても良いでしょう。

どうしても電話に出なければならない場合は

また、急な用件やどうしても出ないといけない人物から電話が来た場合ですが、「すみません。ちょっと電話よろしいでしょうか」と断りを入れて電話に出て、「申し訳無いのですが、打ち合わせ中なので後で折り返しかけます」という形で手短に済ませましょう。


ここでは、打ち合わせ中の電話に関するマナーを紹介しました。打ち合わせ中は基本的に電話に出ないようにし、出る場合は折り返す旨を伝えて手短に済ますようにしましょう。打ち合わせ中の電話の対応に困っている人は参考にしてみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する